気づくと
つい頭を占めていることって何ですか?
 
自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。
気づくと、
不安になっていたり
気づくと
怒りでイライラしていたり
気づくと
自分を責めていたり
気づくと
過去のことを思い煩っていたり
気づくと
恐怖で動けなくなっていたり。。。
 
これは本当に「癖」なんですね。
そしてこの癖が、特に出やすい時っていうのがあるの。
それがヒマな時、なんですよ。
ネガティブな思考が出ているときって、
自分が今、ヒマなんだなあと思ってくださいね。
そういわれると
「ヒマ?とんでもないわ!毎日目ん玉飛び出るほど忙しいわいっ!」と
思う人がほとんどかもしれませんね。
xf5615179775w-1-768x576.jpg
でもこのヒマというのは、日中忙しくしていても
その忙しさが「ルーティン」的なもの。
つまり慣れた仕事、だとしたら、それは脳的には「ヒマ」ってことなの。
そんな時に、しょっちゅうやっている思考の癖が
自動操縦のごとく再生されていきます。
それが冒頭で言ったような「ふと気づくと」
脳内で再生されている思考ですね。
ホリエモンが書籍「時間革命」の中で
こんな内容のことをおっしゃっていました。

「脳が「暇」をしているから、
不安で意識を満たそうとしてしまうのだ」

ホントその通り。
つまり過去に起こった嫌なことを、何度も何度も脳内再生させては
後悔したり、嫌な感情を増幅させては
さらに妄想をくっつけて、勝手に巨大化させているんですね。
不幸なストーリーを作って
遊んでいるってことなんですよ!
 
それくらい脳はヒマが嫌い。
そしてヒマだと、ろくなことを考えないってことでもありますねー。
夫や子供が、新しいことにチャレンジしようとしたとき
自分がヒマだと不安や恐怖を創り出しては、むやみに反対したり
不安だ!怖い!と言って、周りの成長をストップさせてしまうことになります。
1494504_s (1).jpg
脳がヒマだと、こんな風に周りにも影響が及びます。
ここから脱却するのは3ステップ
1つめ
自覚せよ!
不安に襲われた時
「あぁアタシって今ヒマなんだなあ」と認識すること。
自覚が何より大事です。
無自覚だといつまでたっても変わらないからねー。
変えるためには、まずは自覚することがスタート。
2つめ
目の前のことに集中せよ!
過去のことを思い煩う、持越し苦労
未来のことを思い煩う、取り越し苦労
これって今に集中していないんですよ。
だからヒマ、しているんですが(笑)
不安だったら
いや、不安だからこそ、今何ができるか考えて
1歩でもいいから行動することです。
 
3つめ
新しい目標を設定せよ!
目標を見つけることじゃないんです。設定することなんです。
特に子育ても一段落し、家庭も特に問題がない状態のときって、
脳はとてつもなく「ヒマ」なんです。
2d340440cf895263c316a18496af4fb9_s.jpg
するとてっとり早く、不幸のストーリーを
自分で作ってしまいます。
そして冒頭のような、思考を気づくとしてしまうんですね。
思考は一定期間溜まると、現実化します。
すると今度は、現実化したことに対して、火消しに走る。
自分の力を、そんなネガティブな現象化に使うだなんて
全く何をやってんだか、ですよ(笑)
目標を作ろうと言っても
そんなの無理
もうこんな年だし
自分には才能ないし
やることあって忙しいし
そんな風に諦めてしまうのは勿体無い!
脳は自分が思った以上の、容量がありますよ。
そしてその能力は鍛えるほどアップしていきますからね。
 
ちなみに
パートナーシップ心理学アカデミーでは
ベーシックコースで自分で自分を幸せにできる心の土台を作っていき
アドバンスコースでパートナーを心から信頼し、お互いが高め合える存在になっていきます。
そのアドバンスの中で
自分史上最高に憧れる人生の地図を描くということをやります。
unnamed (3).jpg
問題解決で終わる人生
つまり火消しの人生で終わるのではなく
その先を描くことが出来る人生の方が、私はいいと思うんですね。
夢をかなえ、自分の人生で本当の喜びと達成感を味わう。そんなステージです。
脳はヒマを嫌う
だからこそ、新しい自分の未来を創造していきましょうよ!!
 
湯川央恵