あなたは「傷つきやすい人」ですか?
自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

傷つきやすい人が陥ること

日頃、相談を受けていて思うのが「傷つきやすい人」が多いということ。
図1.png
「挫折に弱い」「すぐに落ち込む」「些細なことで心が折れる」
こういった方は、パートナーから言われた一言で、
自分を全否定されたように思い、感情的な反応をしてしまったり、
上司から注意やアドバイスをされる度ショックを受け、
休んでしまうくらいのダメージを受けてしまったり。
ふてくされて黙り込んだり…。
自分もしんどいですが、周りが大変です〜。

傷つきやすいとはどう言うことか

なぜこんなことになるのでしょうね?
実はとってもシンプル。
ストレス耐性が弱い、ということ。
平たく言うと「打たれ弱い」
images-11.jpeg
なので少しのことで傷ついたり、落ち込んだり、心が折れたりするんですね。
もちろん誰でもそう言うことはあります。
ただそうなる頻度の多さや、そこからの回復に
著しく時間がかかることが特徴だと感じています。

なぜ傷つきやすいのか、その理由と背景

ではどうしてストレス耐性が弱いのでしょう?
それは子供の頃から「ストレス」とガチで向き合うよりも、
むしろ「ストレス」を取り除いてもらえる環境があったと言うこと。
「え?」と思われました?
これは本人の自覚や記憶は関係ありません。
 
「うちの親はストレスなんて取り除いてくれたことはなかった!」と思っていても、
今自分がすぐに傷ついてしまうならば
やはり「ストレスを取り除いてもらえる環境があった」と言うことなのです。
筋肉と同じで、ストレス耐性は鍛えないと弱いまま。
鍛えることなく、勝手に耐性がつく、ということはありません。
2d340440cf895263c316a18496af4fb9_s.jpg

傷つきやすい大人になる理由ー幼少期

では、なぜこのようなことになるのか?
それは子供の頃から、大切に大切に育てられた結果だと湯川は思っています。
大切に育てられることはいいのですが、
赤ちゃんの頃の保護が、ずっと続くものだと勘違いしてしまうことが
その原因となっているケースが多いんですねえ。
ええ、湯川もめっちゃありましたよ〜(苦笑)

傷つきやすさを生む助長する子供時代

特に第一子で初孫、だと、そりゃあ腫れ物を触るように、
親からも祖父母からも、大切に大切にされてきたはずなのです。
あと待望の女の子とか、上のきょうだいと年が離れた末っ子、なんかもそうですね。
自分が来ただけで、周りの大人が「わあっ」っと見てくれる。
ちょっと何かしただけで「偉いねえ」と褒めてもらえる。
download-15.jpg
親は可愛がるあまり
失敗させないよう、泣かせないよう、病気にさせないよう、
真綿でくるむように大切に大切に保護してきたのです。

なぜこんなにいとも簡単に傷つくのか

その中で「世話されること」「自分の思い通りにしてもらうこと」「優先されること」が
当たり前になり、自分はこの家の中で一番えらいんだ、と勘違いするようになります。
そんな中、たまたま自分がやりたいことを応援してくれなかった時、
認めてくれなかった時、
賛成してくれなかった時、
思ったようにしてくれなかった時。
これまで大切にされてきた分「ひどい!」と、
いとも簡単に傷つき、親のことを恨んでしまうことになるのです。
1993757_s.jpg

傷つきやすさを平社員と社長で考えてみる

これ、親子関係だとピンとこないかもしれませんが、
親を社長、子供を新入社員だと思ってください。
新入社員は入社した時、みんなから歓迎されチヤホヤされ、優しく教えてもらえるわけです。
そうやって過ごす中、2、3年経ち、
自分の部署にも新しい新入社員が入ってきます。
これまでチヤホヤしてくれていたのに、そのチヤホヤが
次の新入社員に移ったとき「なんで!」と簡単に傷つく感じですね。
そして今まで優しかったのに、厳しい指導が入るようになります。
images.jpeg
でも
「自分はこういうことをやりたい」「ああゆうことをやりたい」と言った時、
会社としては「いや、先に言われた仕事覚えろよ!」と言いますね。
それに会社の利益にならないことは、断固Noと言います。
その時に
「うちの会社ってマジおかしい」とか
「社長が未熟で」とか
「使えねえ」などと入って2、3年目のペーペーが言ってるとしたら、
そっちの方が「おかしい」と思いますよね。
明らかに社長の視点は、ペーペーとは経験値も責任の大きさも
何もかもが違うのです。
会社ならわかりやすいのに、親子になると途端に
ペーペーが社長を判断している、ということになっています。

傷ついた!と言いたい心理の裏に隠されている本音

つまり「傷つきやすい」と言う人は
それほどまで「自分は正しい」が強い
厳しいですが、この歳になるまで、自分を振り返ることなく、
人の気持ちに興味もなく
自分のことだけに関心を持って来た、ということなのです。
傷ついた!相手が悪い!
そう言ってる間は、自分のそんな部分を見ずに済みますからね。
これが本音なのです。

07061.jpg
なので、ここから抜け出すためには
自分を叱ってくれたり、厳しく言われたことは、自分を躾ける言葉だったのだ、
自分を正しい方向に教え導いてくれるための親の愛だったんだ、と気づくことなんですね。
ここで
「いや、やっぱり私は悪くない」「私が正しい!」と
厳しく言われたことに対して、恨みごころを持っている間は
ちょっと言われただけで、相変わらず傷つき
相手のことを恨んでしまうことになるのです。
ちょっと「自分が正しい」を横に置いて
最近人に言われた耳の痛いことを思い出してみましょうか。
結構大事なことを言ってくれていると思いますよ(笑)
続きはこちら

我慢と恨みの無限ループ